人気ブログランキング |

心と身体のおもむくままに、ときの『文化』に触れた思いを・・・
by take2zeronine
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
≪未曾有の大地震!≫≪未..
from 情報や本舗
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2016年 10月 19日

Nubis 日日庵2016、紅葉

c0189970_08312443.jpg
c0189970_08305801.jpg
 毎年色づく隣地のヨシ、鮮やかな黄色が映える。日日庵も以前はこのようなヨシで一面だった。


c0189970_08331577.jpg
 植えて3年目のヤマモミジ


c0189970_08363322.jpg
 植えて5年目、ブナ


c0189970_08362628.jpg
 植えて1年目、ハナミズキ


c0189970_08370314.jpg
 一方「九間ここのま」のヤマモミジのグラデーション


c0189970_08372242.jpg
 日日庵のイノバラが赤い実をたくさん付けた。
 今年は激減したホオズキと一緒に、自宅食卓に活けてみた。


by take2zeronine | 2016-10-19 08:45 | ●eベクトル/現在位置はどこ?
2016年 10月 17日

大谷翔平、すごいっ!

 セパともに、日本シリーズ出場権は、ともにリーグ優勝チームが獲得した。
 それにしても、第5戦の大谷は凄かった。といってもぼくはカーラジオ観戦、しかも8回裏の日ハム攻撃から。
 こんなに札幌ドームが盛り上がっている時に、何やってるの?って話だけど、ほんとに野暮だね。
 でも久々にラジオに聞き耳を立てて、必死に実況を聴いた。7月の14連勝(通算500勝)の大谷をドームで見ていたので、ラジオの音声から受けるイメージは、増幅されていく。解説の小早川氏の冷静さと実況アナウンサーの興奮度合いのバランスも面白い。
 160キロ台のストレートを連発して、そこに変化球を交えられると、おそらく手も足も出ないようすが、伝わってくる。

 今朝の新聞は、真っ先にスポーツ欄から読み始める。
 事務所の話題も、きょうは大谷一色。(なんとこの面白いゲームを、ドームで体験してきたと社員のY)これだけ世間を騒がせるすごさ、批判的意見もある中、よくぞ二刀流をやってくれた。
 やっぱりプロスポーツは、夢みたいなことがないと楽しくないね。

 これで一段と日本シリーズが、また楽しみになってきた。




by take2zeronine | 2016-10-17 10:03 | ●eベクトル/現在位置はどこ?
2016年 10月 15日

当別で昼飯

 ネーミングが良くて、ちょっと遠かったけど昼飯に、当別郊外の食堂に入った。
c0189970_18021841.jpg
 道道81号線沿い、看板はもう色あせている。


c0189970_18020696.jpg
 たいてい住宅も併用している場合が多いけど、ここは店だけ。
 今日の定食は、サバの味噌煮だったけど、いろんな定食メニューの中からショウガ焼きを頼んだ。
 厨房の中では、かなり年季の入ったシェフがひとり、給仕の女性ひとり、通ってきてるんだろう・・
 
 ¥670、ヴォリュームもあって美味かった。
 なにか、面白い。
 エコアパートの現場もあるし、機会があったらまた寄ってもいいなと思った。(オーダーストップ14:30)




by take2zeronine | 2016-10-15 09:36 | ●eベクトル/現在位置はどこ?
2016年 10月 14日

ノーベル文学賞/ボブ・ディラン

 なんと驚きだ!ノーベル賞の文学賞を、ボブ・ディランが受賞した。
 かれこれ50年近くファンであるぼくにとって、本当に嬉しい驚きだ。このブログでも、何度か彼にまつわるエピソードを書いてきた。(タグ「ボブ・ディラン」をクリックして下さい)

 今朝もラジオでそのニュースが紹介され、彼の代表曲が流れている中で、コレを書いている。
 朝刊には、1面に始まり全部で3面に渡って記事になっていた。

 まったくもって思ってもいなかった展開で、まことにおめでたい!

 

by take2zeronine | 2016-10-14 09:39 | ●エンターティメント/感動感激
2016年 10月 13日

東川小学校/安田侃

 東川 I 邸引渡からもうすぐ1年になる。
 到着してカーポートに車を入れ、ドアを開けて外に出ると、やはりここ岩見沢より明らかに3〜5度は寒い。家の中に入って室内環境を体感する。
 暖かい。やわらかい空気感も新鮮だ。当然まだ無暖房。
 ツーバイ330ミリ断熱エアコン床下1台の換気暖房計画は、南面の陽射しを取り込む大開口とあわせて、北海道の極寒冷地でも充分通用することがほぼ実証できている。

 玄関脇物置に棚を付けるお手伝いをして、東川の町内移住状況を聞きながら、話題の東川小学校へ案内してもらう。
c0189970_08213958.jpg
 小学校の横に文化ホール的なモノが併設されていて、侃さんの「意心帰」がドーンと設置されている。
 床下が空調になっていて、床ガラリから温風が吹き出していた。(暖房費かさみそう・・)


c0189970_08250146.jpg
 玄関を入ると正面奥に「意心帰」が見える。


c0189970_08264751.jpg
 建物の外装はコンクリートブロック積み


c0189970_08281340.jpg
 用途が今ひとつ見えにくいけど、おそらくガラスのカーテンウォールをバックに、舞台になるようなつくりだ。


c0189970_08295484.jpg
c0189970_08302428.jpg
 この施設の玄関ホールを挟んで、小学校が扉1枚で隣接して、子供たちが学んでいる。
 こんな素晴らしい校舎で学べて、東川の子供は幸せだ。

 このあと、町内の新しい町営の宅地造成地など視察しながら、I さん曰く、東川はバブルだという。
 わが社もキトウシの山の傾斜地で、移住住宅3棟目を建設中だ。
c0189970_08383095.jpg
 約45坪の古材再利用の物件。



c0189970_08512525.jpg
 こんな図面です




by take2zeronine | 2016-10-13 08:52 | ●eベクトル/現在位置はどこ?